Now Loading...

台湾へ茶葉視察、今回は仕事付き合いのある方々と一緒に台北にて出版社をされている方に台中の奥深い山で生産されている農場へお話を伺いに行きました。道中はこんな道を通るのと思うくらい険しい道なりを通り着いた先は標高1600m。高山で栽培されるお茶は寒暖の差が激しく日光が当たる時間も限りがある為に、味が濃縮され雑味がなく美味しいとのこと。一心二葉と言われる由縁も教えていただきながらいただく摘みたての新茶はとても美味しかった。